こんな悩みありませんか?

デオドラントを付けると赤くなったり痒くなってしまう

どんな制汗剤を付けても汗ジミができてしまう

足の汗とニオイがひどい

通勤中、背中や胸の下に滝のように汗をかいて回りが気になる

そんなあなたに朗報のブログです!

みなさんこんにちは!
突然ですがみなさんは毎日外に出ていますか?
仕事、買い物、レジャー、デートなどなど・・・
そんな外出に付き物なのが、ではないでしょうか。

  • なんだか汗のニオイが気になる・・・
  • せっかく化粧したのにもう崩れた!
  • お気に入りのTシャツに汗染みが!

こんな経験を誰もがしたことがあるでしょう。
多汗症気味な私も、汗にはとても悩まされています。

多汗症の患者はシーズンに関係なく汗に悩まされています。
主な原因としては、精神的ストレスがあげられます。 緊張しているときや不安を覚えた時などに、交感神経が優位になり汗腺の働きを活発にするのです。
特にワキには汗腺が多く、汗をかきやすい部分となっています。
また、代謝異常や内分泌異常、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れも原因にあげられます。
多汗症の患者は日々とても悩んでいるのです。

汗に付き物なのが「ニオイ」です。 みなさんは汗のニオイが発生するメカニズムをご存知でしょうか。

実は出たばかりの汗というものは無臭なのです。
その汗に皮膚の汚れや衣服に付いている菌が結びつくことによってニオイが発生してしまうのです。
特に臭いと言われるワキや陰部といったデリケートゾーンは、汗をかきやすい、蒸れやすく温度が高いといった特徴があるため、臭い菌が成長しやすいのです。

市販のスプレーや対策グッズをいくつも試してみましたが、すぐに汗がダラダラな私。

「何かいい商品はないかなぁ」

と思っていた矢先、ポーランド発のデオドラント「デオエースEX(Deo-AceEX)」が発売されていることを知りました。
本当に有効な製品なのか、早速いろいろ調べてみました!

デオエースEXって何?医薬品ではない?

デオエースEXは医療先進国であるポーランドの製薬会社RIEMANN社が開発し、輸入元である香港の通販サイト、YOUUP(ユーアップ)より販売されているロールオンタイプの制汗剤です。
ポーランドでは医用を目的として使われていますが、日本では医薬品ではなく化粧品の分類に該当されるようです。
日本と海外では化粧品や医薬品において、成分の配合量や含有量が異なるため、分類が異なるケースが多々あります。
デオエースEXはロールオンタイプなので、塗る際に手が汚れないのもいいポイントです。
塗った後はベタベタせず、速乾性に優れているようです。

内容量は40mlで個人差・使用頻度にもよりますが大体2か月は持ちます。

また、インスタグラムで話題になっていたり、雑誌miniで紹介されていたりと、巷ではじわじわと人気の出ている商品なようです!

デオエースEXの気になる成分を徹底解明

高い効果が期待されるデオエースEXですが、市販されている他のデオドラント製品との違いはどこにあるのでしょうか?
デオエースEXの配合成分や有効成分の効果について調査してみました。

デオエースEXの配合成分

デオエースEXには、11種類の成分が配合されています。
すべての成分を以下にまとめました。
引用元:デオエースEX公式サイト

配合成分は少ないですが、その分有効成分の効き目に期待ができそうです。

デオエースEXの主な有効成分は「アラントイン」「パンテノール」「クロルヒドロキシアルミニウム」の3種類です。
それぞれの成分がどのように働くのか、ひとつずつ解説していきます!

アラントイン

19世紀に羊の羊膜から発見された成分です。
その名前は、霊長類のヒト上科を除いたほとんどの哺乳類の胎児で機能しているプリン体の代謝によって発生した尿酸を酸化し濃縮する排泄器官である尿膜(アラントイス)にちなんでいます。
水に溶けやすい性質を持ち、細胞増殖作用があり、肌を保護しつつ、肌自身が持つ肌荒れを治す力を促進させます。
やけどなどの手当てや湿疹などにも用いられ、軟膏やリップクリーム、ニキビ治療薬、スキンケア製品の成分として広く採用されています。

デオエースEXでは、成分が汗腺に浸透すると同時に、アラントインが正常な皮膚組織へのサポートを行います。

パンテノール

水溶性のビタミンで、ビタミンB群のひとつです。
別名「プロビタミンB5」とも呼ばれています。
水溶性で皮膚や髪に浸透しやすい性質を持っています。
保湿効果によって肌ツヤ、肌キメを整える効果皮膚の弾力感の向上抗炎症効果にも優れています。
スキンケアやヘアケア、さらには目薬やドリンク剤(ビタミンの一種のため)など、身近な製品にも多数配合されています。

デオエースEXでは、パンテノールが肌の保湿、皮膚細胞を活性化させることで、肌への負担を軽減しています。

クロルヒドロキシアルミニウム

20世紀初頭に腋臭対策に用いられた塩化アルミニウムが改良されて開発された成分です。
別名「ACH」とも呼ばれています。
塩化アルミニウムの使用感の悪さや皮膚刺激、付着時の衣服の劣化といったネガティブな要素を改良し、現在に至るまで制汗剤に配合される発汗を抑える成分の主流となっています。
効果としてはクロルヒドロキシアルミニウムを皮膚に塗布した後に発汗した水分をゲル化して汗腺を閉塞します。
制汗スティックや防臭スプレー、ローション、ロールオンなど様々なタイプの制汗剤に使用されています。

デオエースEXでは、クロルヒドロキシアルミニウムがアポクリン汗腺に蓋をすることで、ニオイの元となる汗そのものを止める効果があります。
また、ゲル化した汗は角栓となり新陳代謝によって尿となって自然に排出されます。

デオエースEX独自の成分

成分をまとめてみましたが、特にクロルヒドロキシアルミニウムという成分がデオエースEXのカギのようです!
市販の制汗剤を使用してもなかなか効果が出なかった方も試してみる価値はありそうです。

そして、何より素晴らしいのが「アルコールフリー」という点にあります!
このアルコールこそが、皮膚の弱い人にとって大敵なのです。
かゆみやかぶれの原因となるアルコールが入っていないので安心して使えますね!

アルコールのアレルギー検査もあるので、皮膚の弱い人や体質的にお酒が飲めない人は、一度病院で検査してみると良いでしょう。
その結果次第では、アルコールフリーのデオエースEXは最良の選択になるかもしれません。

ポーランドってどんな国?日本人の肌質との違いは?

でも日本で使われていないって怖くない?
海外の人に比べて日本人の方がお肌弱そうじゃない?

そんな不安が出てきてしまいます。
かくいう私も皮膚の弱い人間の一人です。

ですが!

ポーランドはオーガニック先進国なのです。
色素が薄く、皮膚が弱いという特徴を持つポーランド人は人工的な合成化学薬品などを体に使うことが嫌なようです。
また国の気候自体も日本のように四季があり、夏の炎天下は40度になることもしばしばあるそうです。

なんだか日本の特徴に近い国ですね!
デオエースEXはそんなポーランドという土地で開発されたオーガニックを追求した製品なので、日本人でも安心して使うことが出来そうです。

試しにポーランド人でGoogle画像検索をしたら美白の美人がたくさん出てきて、少し悔しくなってしまいました。

デオエースEXの肝心の効果はどうなの?使い方は?

さて、肝心の気になるデオエースEXの効果について調査してみました。
デオエースEXで得られる効果は、主に汗の抑制消臭です!
汗腺に直接有効成分が効くので、汗はもちろんニオイの抑制にも繋がるのです。

そして何よりすごいのがワキ以外にもデオエースEXは効くという点です!

なんと・・・

全身に使えちゃうのです!!!

基本的にはワキ汗対策の商品のようですが、これは素晴らしいことです!
汗に悩む人はたくさんいると思いますが、ワキだけが悩みのタネというわけではありません。

  • ワキ(ワキガ)
  • 手足
  • デリケートゾーン
  • 背中
  • 胸(チチガ)

上記のように人によって汗やニオイで悩む体の部位は違うのです。

なぜデオエースEXは全身に効果を発揮するのでしょうか。
その秘密は、世界初の「IPS処方」にあります!

IPS?どういう意味?と、お思いの方もいるのでこちらについて簡単に説明していきます。

IPSとは「Intelligent Protection System(インテリジェント・プロテクション・システム)」の略称です。
先ほどの「デオエースEXの気になる成分を徹底解明」の項目で説明した3つの有効成分。

  • アラントイン
  • パンテノール
  • クロルヒドロキシアルミニウム

この3つの成分を世界初の独自成分処方によって、どの体の部位の汗腺でも蓋をしてしまうのです。
かぶれやすいデリケートゾーンなどへの使用も、アラントイン・パンテノールの成分が肌の保湿や皮膚細胞の活性化、皮膚組織へのサポートを助けるので安全に使用できるという仕組みになっています。

デオエースEXは1日1回で効果を発揮する

デオエースEXの箱には英語で説明文が書いています。
その文章を訳してみると使い方が書いてありました。
以下、和訳した文章です。

夜に清潔で乾いた肌に塗ってください。
使い始めは毎晩使用し、汗をかかなくなったと感じたら週に5回、3回と徐々に使用回数を減らしていきます。
アルコールフリーですので、翌朝、肌に残った液や成分を拭き取る必要はございません。
また、手足や背中などにもご使用いただけます。

デオエースEXの説明書き

使い始めは毎日、徐々に週5、週3と使用回数を減らすことができ、お風呂上りに塗るだけという点も特徴です。
効果が出てきたタイミングで、塗る頻度を徐々に減らしていっても同じ効果が発揮されるということも分かっています。

市販のデオドラント用品の場合は、毎日何回も使い続けることにより、すぐに無くなってしまい、お財布に優しくはありません。
デオエースEXは、使用回数が減れば長く使い続けることができます。
そのおかげで、お財布にとても優しいという点もうれしいポイントの一つです。

デオエースEXの口コミレビュー

今まで成分、効果を徹底調査してまいりました。
しかし、一番気にするのは実際の使用者の口コミでしょう。
日本のドラッグストアや通販サイトなどで出回っている商品ではないため、@Cosme(アットコスメ)といったサイトでの取り扱いがなく、正直たくさんの情報を得ることはできないのが実情です。

そういった不安な点を補うために、デオエースEXを使用した人の口コミをたくさん集めてみました。

デオエースEXの良い口コミ

23歳 女性 <口コミ>
今回初めてデオエースEXを使ってみましたが、全く痒みは無く、しっかり汗とニオイを抑えてくれています。
これから夏ですが、デオエースEXのおかげで快適に過ごせそうです。
私は汗かき(特にワキ)で、汗染みが目立たない服を着ていましたが、デオエースEXのおかげで着たい服を着られるようになりました。
本当に感謝です。
41歳 女性 <口コミ>
敏感肌なので市販のデオドラントスプレーでは、私には刺激が強すぎました。
刺激の強いものは黒ずみの原因にもなると聞いたのですが、ワキ汗をそのままにしておく訳にもいかないですよね。
そこで刺激の少ない商品を色々探してデオエースEXにたどり着きました。
ポーランド製らしいですが、ポーランド人の肌はあまり強くなく、デオエースEXも肌に優しいデオドラントみたいでした。
試しに使ってみると、アルコールフリーで本当に低刺激でした。
デオドラントスプレーの刺激で、肌荒れ、黒ずみができる心配がないのもお気に入りです。
36歳 男性 <口コミ>
娘に「お父さんクサイ!」と言われ、何か良い制汗剤はないか探していました。
娘はまだ小さいので、今はからかってきている感じですが、そのうち本当に嫌われてしまいそうです。
デオエースEXはあまり聞いたことが無かったのですが、海外製ということで効果が高そうなので購入しました。
外人は日本人より体臭が強いイメージなので、制汗剤も効果が高そうじゃないですか?
しばらく使っていると汗の量が減っていき、ニオイも軽減してきているようです。
気が付けば、娘に「クサイ!」と言われることがなくなっていました。
28歳 女性 <口コミ>
市販の制汗剤を使ってみても全く効果がなく、いつもニオイと汗ジミのことばかり考えて憂鬱だったのが、今では全く気にすることが無くなりました。
オシャレも楽しめるようになってきて、毎日がとても楽しいです!
一生使い続けます!

やはりニオイにおいてはとても効果を発揮できる商品であるということが口コミで分かりますね。
また、人によっては黒ずみや肌荒れといった皮膚トラブル対策にも使えるようです。

デオエースEXの悪い口コミ

26歳 女性 <口コミ>
ドラッグストアなどで市販しているものは大体試してみたのですが、これといったものは見つかりませんでした。
デオエースEXはネットで見つけて、評判が良さそうだったので購入しました。
早速使ってみましたが、清涼感も全く感じないので効いてる感じがしません。
1回使っただけですが、もう使う気になれないので高い買い物になってしまいました。
30歳 男性 <口コミ>
毎日、朝にシャワーを浴びてワキのニオイもしっかり落としているつもりですが、昼には臭ってきてしまいます。
デオエースEXは海外製ということもあって期待して購入しました。
いつも臭ってくる昼に、休憩時間を利用して会社のトイレでこっそりデオエースEXを使ったのですが全然効かなかったです。
あの嫌なニオイは消えることがありませんでした。

悪い口コミもそれなりにはあるということが分かりました。
しかし、汗をかいてから使用していたり、効果が出るまで使用を継続しなかったという点が、正しくデオエースEXの効果を発揮できない原因になっていたようです。

デオエースEXの効果を体感しないまま悪い口コミを書き込んでいるというケースが多々あったので、あまり深く考えることはないかもしれないですね。
ですが、効果の個人差というものはありますので、ネガティブな書き込みにもしっかり目を通すことが大切です。

まとめ

今まで市販のデオドラント製品を試して、効果を感じることが出来なかったという方にはとてもおすすめが出来そうです!
また敏感肌や皮膚の弱い人にも安心して使用のできる「IPS処方」がされている製品ということでも安心感がありますね。
通販以外では購入できないというデメリットはありますが、一度試してみる価値はありそうです!